膝の黒ずみを消そう!

膝の黒ずみ改善を目指すなら美白・保湿・メラニンブロックができるクリームで
膝の黒ずみ クリームを紹介する女性
スカートやパンツを履いた時にふと見える 膝の黒ずみは、それだけで見た目の印象を悪くしてしまう。今でも多くの女性が保湿や美白のクリームで美白ケアしていますが、効果はいかがでしょうか?きっと、「それらのクリームを塗り続けているけど、ぜんぜん肌の色が薄くならな?い」と感じているのではないでしょうか?

 

これまでに開発されてきた、ケア用のクリームは、保湿と美白効果の高い成分を含んだもの。それらのクリームで肌のターンオーバーの乱れを整える効果は期待できますが、保湿と美白だけでは膝の黒ずみを解消する効果は期待できません。なぜなら、膝の黒ずむの摩擦や圧迫によって過剰生成されて蓄積したメラニンが原因だからです。

 

なので、メラニンの生成を抑制できるクリームでなければ、黒ずみの目立たない奇麗な膝はなかなか実現しないのです。

 

膝の黒ずみに悩む方は、ぜひ美白・保湿・メラニンブロックの3点を考慮してクリームを選ぶようにしてみましょう。膝を白くするのは無理かもしれませんが、元の肌に近づけたい方は、効率の良いケアになるはずです。

 

他社製品で満足できなかった女性が最後に選んだ膝の黒ずみケアアイテム
湘南美容外科共同開発!薬用美白クリーム【ホスピピュア】

 

ホスピピュアは湘南美容外科との共同開発によって生まれた美白クリーム。元々は乳首の黒ずみを解消する目的で開発されたものですが、肌の黒ずみの発生メカニズムは同じなので膝の黒ずみケアにも使えます。
他のクリームと大きく違う点は、メラニンが作られ始める一番初期の段階をブロックしながら、保湿と共に肌のサイクルを整えるところでしょう。美容外科クオリティならではの、返金保証付きなのも消費者として嬉しいですね。
>>薬用美白クリーム【ホスピピュア】

 

薬用濃密クリーム・ラスター

 

 

膝の黒ずみだけでなく、くるぶし・すね・ふくらはぎなど、脚全体の肌をケアできるクリームとして人気。保湿と美白に効果の高い成分はもちろん、メラニンの抑制にも着目しています。

 

ラスターには、むくみみやたるみの解消を目指す方にも効果的といわれる、アロマオイルも含まれていますから、肌の色だけでなく見た目のスッキリとした膝を目指す方に最適。お試し期間が欲しい方は定期コースの特典である60日間返金保証制度を利用しましょう。

 

>>ひざ下の黒ずみケアに薬用美白濃密クリーム/LusTer

 

 

膝・肘の黒ずみケア用美白セラム・ロコシャイン

 

膝の黒ずみだけでなく、「肘も白くして目立たなくしたい」と悩む女性にも人気のクリームがロコシャイン。ロコシャインは、黒ずみができやすいカ所が角質などの硬い皮膚であることに注目開発されたクリーム。

 

通常の化粧品では浸透しにくい角質にも、保湿・美白成分が浸透しやすいように作られています。お試しセット等はありませんが、定期コースの特典である60日間の返金保証キャンペーンを利用すれば2カ月の間はクリームの効果を確認できますよ。

 

>>ひざ・ひざの黒ずみ対策専用ジェル【ロコシャイン】

 

 

薬用クリーム・エルニークリア

 

エルニークリアは楽天市場で売り切れになってしまっているが、膝の黒ずみをケアするクリームとして未だ根強い人気です。消炎・美白・代謝を促すアラントイン、肌の代謝に良いヨクイニンを配合したクリームなので、ターンオーバーのメカニズムを利用したクリームといえるでしょう。ヒアルロン酸やスクワランなど保湿効果の高い成分で、肌の乾燥もケアしてくれます。

 

 

ニー&エルボークリーム

 

ニー&エルボークリームは楽天市場でレビュー数が増えている、膝の黒ずみケア化粧品。ハイドロキノンが含まれているので、膝や肘の黒ずみを白く漂泊していくイメージのクリームと考えるといいでしょう。保湿力も高めのクリームなので、膝元が乾燥しやすい方は使い続ける化粧品の候補として検討しておくといいでしょう。

 

 

 

膝の黒ずみ対策を実施するうえで避けるべきこと

 

膝の黒ずみに悩む女性のイメージ
膝の黒ずみは私たちの普段生活と密接に関係しています。多くの方はクリームなどを塗り続けていれば次第に黒ずみも薄くなり、水着やショートパンツを履いても目立たなくなると思っていることでしょう。

 

たしかに、肌の潤いを保ち、水分を逃がさないようにケアすることは、黒ずんだ膝のお手入れとしては合格です。

 

ところが、私たちは生活の中で、意識することなくテーブルに肘をついたり、立膝をつく姿勢でいることがあります。それらの姿勢はただでさえ硬くなりやすい膝の角質部分に刺激を与え、メラニンを過剰に造り出すことによって黒ずんできます。クリームでケアをするのと並行して、普段は何気なくとっている姿勢にも注意してくださいね。

 

膝の黒ずみの解消は継続こそ力なり | 皮膚科医も認める改善策

膝の黒ずみをケアする方法はたくさんありますが、どんな手段を採用したとしても継続しなければ効果はありません。これはスキンケアだけでなく、皮膚疾患の治療においても重要な要素であることは、どの皮膚科医も認めることでしょう。

 

実際、私自身も若い頃に膝の角質層が黒ずみ、このコンプレックスを今すぐ解消したくて色んな方法を試してきました。それこそ肌を白くするような塗り薬とか化粧品の類は何十種類かを試したと思います。それほどに私の膝は醜い色までくすんでしまっていたのですね。

 

その中には、大きな美肌作用が期待できるはずなのに、「あれだけ塗ってるのに全然膝の黒ずみが薄くならないじゃないの・・、もっと効果のあるクリームとか塗り薬はないの?」と、効果が出始める前にまた別の改善方法に切り替えてしまっていました。

 

見た目が重視される職業に就いていたために、ここまで躍起に短期間での黒ずみ改善に拘ってしまっていたのかもしれませんね。あと少しでも継続してみれば、美白作用が目に見えて確認できたかもしれないのに・・・。

 

いま、膝の黒ずみに悩んでいる方で、何か一つのケア方法を実践している場合、他の対策法に切り替えるのではなく、まずは継続することの重要性を覚えておいてください。皮膚科に通っている場合は、医師の指示するケア方法を徹底的に継続してみましょう。

 

ただし、メラニン色素の生成を抑える作用が低すぎたり、保湿効果が無かったりする改善方法は、いくら継続しても膝の黒ずみを薄くする効果は期待できません。例えば、アットノンやオロナインなどの外用薬は別の肌疾患の改善に使われるもの。もし心当たりのある方は、別の方法を検討してみてください。

膝の黒ずみ 改善効果が実感できるまでの継続期間

お肌のメカニズムや美容に詳しい専門家は、一つのケア方法を最低でも3カ月間は継続することをすすめているそうです。まぁ、専門家によって3カ月だったり2カ月だったりと情報は錯綜していますが、肌のターンオーバーというメカニズムから考えると、やっぱり2カ月以上は継続しないと膝の黒ずみを改善することは難しいかな?と思います。

 

ちなみに、肌のターンオーバーとは皮膚の新陳代謝のことで、28日前後で新しい皮膚細胞に入れ替わるのが理想と言われています。約28日に近づけることによって、潤いがあり、黒ずみが目立たない膝に近づけていくことができるわけです。

 

ということは、膝の角質のターンオーバーが28日前後の周期に整えるまでの期間が数週間ほど。その後から徐々にメラニン色素が蓄積した皮膚が代謝と共に排泄されながら、黒ずみも薄くなっていくと考えられます。

 

そんなメカニズムから考えると、膝の黒ずみが薄くなるのが実感できるまでの期間は最低でも2カ月ほど。つまり、改善策として肌のメカニズム的に理に適っている方法であっても、最低2カ月は同じケア方法を継続する必要があるということですね。

 

逆に言えば、皮膚科学やスキンケアの原則に沿っていない民間療法的なケア方法は、いくら継続しても喜ぶような結果には結び付きません。レモンを使えば肌が白くなる・・・・、ヨーグルトを肌に塗れば黒ずみも消せる・・・、なんて素人の口コミ情報の中には、継続すると黒ずみが改善されないどころか、別の肌トラブルを引き起こす可能性もあるので注意してくださいね。